ホーム > トピックス > 情報コース2年生、キャリア⁺課外授業「職業教育」で工場見学に行きました!

LATEST NEWS新着情報

2022年10月29日 08:49

情報コース2年生、キャリア⁺課外授業「職業教育」で工場見学に行きました!

カテゴリ:未分類

ツイートする

10月27日(水)、キャリアプラス課外授業の職業教育の一環として、長田野工業センターさん、京都府中丹広域振興局さんのご協力のもと、午前中はエスペック(株)様、午後はSECカーボン(株)様に工場見学に行かせて頂きました。エスペックは耐熱性・耐寒性など動作環境を試験するマシーンを創る企業ということもあり、大きな機械が仕事をする建屋や、手作業や検査など人の手を必要とする建屋などに分かれていました。女性も多く働いておられ、女性が働きやすい職場なのだなと感じました。SECカーボンはとても敷地が広く、1つ1つの建屋もとても大きく、そのダイナミックさに圧倒されました。カーボンという巨大な素材を加工する工場ということもあり、力強いカッコいい男性が多く活躍されていたのが印象的でした。来年はいよいよ就職の年です。働く現場を実際に目にし、「働くを知る」ことが出来たのではないでしょうか。とても貴重な経験をさせて頂いた素晴らしい1日となりました。

【生徒の感想】
・SECカーボンは一貫して世界を追求しより良い製品作りにこだわってい いて、海外からも高い評価を受け揺るぎない信頼を築いているのだなと思った。また、炭素は古くから存在するがまだまだ多くの可能性を秘めている素材なので、今後とも楽しみです。
・普段自分達が目にしない製品をたくさんの人たちが作っておられていろんな所で私たちは支えられているのだなと思いました。
・会社がこんなにも大きいなんて知りませんでした。工場の仕事はそれぞれ分かれていて、検定を取って取り組む危険な仕事もあったりして、難しい仕事だと思いました。
・エスペックは1つ1つ確認している細かな作業などがあり、SECカーボンは普段使っている電池の中身にも関係しているということが分かった。2つの工場に行ってみて、それぞれ違った作業が見学できたので、よかったです。
・SECカーボンは以前から名前は知っていましたが、どんな会社か知りませんでした。初めて工場に行って、とても印象に残りました。
・とにかく工場が広いと思いました。1日中、機械と向き合って作業をしていて集中力が凄いなと思った。
・実際に働く人を見たり、その仕事で何をされているのかを聞いたりすることが出来てとても良かった。
・エスペックでは元々使われていた古い製品を歴史館で見学し、その歴史がすごいなと思った。
・エスペックは無人の機械があり、SECカーボンは大きな機械がり、両社ともとても凄いなと思った。

記事一覧へ

カレンダー

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
▲ページトップに戻る