ホーム > 進路情報 > 大学合格体験記

VOICE OF GRADUATES大学合格体験記

N.Nくん

令和3年3月アカデミーコース卒業

青山学院大学経済学部(総合型選抜) 合格 

 私は、この大学に受かるために聖書を読むことから始めました。私の受けた受験方式は聖書の知識が欠かせないものだったので受験の1ヶ月前くらいから始めましたが、早く始めるに越したことはないので、受験勉強の合間を利用して少しずつ読んでいくことが大切だと思います。また小論文の形式はパターン化しているのでオープンキャンパスなどに参加して過去問を入手し、問題の形式に慣れていくことが大切です。恐らく初見は厳しいです。
 面接では面接官は6人います。今年はコロナウイルスの影響で私は3人の面接官からしか質問されませんでしたが、基本、毎年6人全員から質問される傾向にあるそうです。自分の予期していない質問は必ず来るので答える内容を文章化するのではなく、面接でアピールしたいキーワードをピックアップし、それを結び付けてどんな状況でも柔軟に答える練習をすることが欠かせません。私の受けた方式は非常に珍しいものなのであまり役に立たないと思いますが、もしこの全国キリスト者推薦を受験したいと思ったときにはこれを参考にしてみてください。

M.Nさん(宮津市立宮津中出身 )

令和3年3月国際コース卒業

上智大学国際教養学部(総合型選抜) 合格 

 私は上智大学の国際教養学部を書類選考入試で合格しました。書類選考入試は一般的な総合型選抜入試に似ており、評定、実績、英語外部試験の結果、志望理由書などの書類をもとに合否が決定する試験です。つまり、これまでの自分の行動をベースに、「なぜ他の誰かではなく自分なのか」ということと自身の英語力をアピールする必要があるのです。私がこの受験方法に決めた理由は幼少期に海外で暮らした経験から特に英語が得意なのと、他力本願ではなく自分自身で環境を変えるために行動を起こしたいと考えたからです。
 私は中学生の頃から2つ上の姉を見習い、高校では留学したいと考えていたため特進文理国際コースに進みました。入学後はボランティアに参加し、交換留学先ではクラブ活動や自らイベント主催に取り組み、総合型選抜入試で求められる主体性や積極性を身に付けることを意識しました。また応用的な英語を身に付けるために、留学中は政治や歴史など専門用語を学べる授業を選択しました。最初は課題が難しく混乱もしましたが、「継続は力なり」で確実に英語力が伸びていきました。
 帰国後には英語の外部試験を積極的に受けました。留学中に絞った志望校のレベルを考え、CFERのC1レベルを目標に受けました。
 志望理由書を書く際には英語科の先生とネイティブの先生に添削をお願いしました。効果的な文の構築方法やより相手に響く言い回しなどを教えてもらいながら何度も書き直しして仕上げました。大学案内のパンフレットを暗記する勢いで熟読し、大学の特色を捉えたことや、高校生活で培った知識や経験が役に立ち、内容を考えるのは大変ではありませんでした。
 これから受験勉強に励む後輩の皆さんには自分に一番合った受験方法を見つけ、戦略を立てつつ高校生活を送ってほしいです。勉強は机で参考書を解くことだけはありません。経験を大切にし、変化を恐れず無理だと決めつけずどんな事にも挑戦していってください。

H.Tくん(丹波市立山南中出身 )

令和3年3月アカデミーコース卒業

早稲田大学基幹理工学部(一般選抜)合格
横浜国立大学理工学部(一般選抜) 合格 

 私が大学に合格した大きな要因のひとつ、それは「環境」だと思います。周囲には常に私を気遣い、励ましてくださった先生方や、コロナ禍で休校になった時もzoomで繋がり自分と同じ高い目標を持ち、同じ悩みを共有しあえた友人たち、そして、私が日々健康に学校に通えるよう支えてくれた家族の存在がありました。こうした恵まれた環境にあったからこそ、精一杯、受験勉強に励むことができたのだと思います。また、部活生が全国を目指し頑張る姿にも力をもらいました。
 受験勉強ですが、共通テスト対策は基本力を、2次対策で応用力を身に付けることを意識していました。
 第1回目の共通テストでどのような内容になるのか不安でしたが、基礎力を身につけることに力を入れる事で不安は解消されました。どの教科も基礎を丁寧に教科書に沿った基本的な問題を3回は勉強し、多くの参考書をするのではなく、これと決めた物をしっかりやり込みました。英語はすぐに身につく物ではないので、英単語、リスニングは通学時間を使い毎日必ず英語に触れるようにしていました。
 志望校が決定してからは、過去問や実践模試など応用力を必要とする問題を解いては先生に添削してもらい、指導してもらいました。特に数学は1問を1時間かけて解くような問題を集中して解ける学習をしました。
 国公立大学希望の学生はがっつりと私大対策をする必要はないと思います。共通テストで基礎力を、2次対策で応用力を身につければ自ずと私大の合格の道は見えてくるはずです。

H.Hさん(丹波市立青垣中出身 )

令和3年3月アカデミーコース卒業

兵庫県立大学看護学部(学校推薦型選抜) 合格 

 私はこの大学に受かるために、3年分の過去問を解きました。共通テストに向けての勉強との両立はとても大変ですが、単語の暗記はどちらでも必要なので集中して行いました。
英語の小論文について、問題文中に難しい単語が平然と並んでいるので、全ての単語を知っていることは厳しいと思います。派生語に注意し、英文の雰囲気を感じとることを心がけてみると良いと思います。
 面接については、できるだけ多数の先生方に見てもらい、色々な意見をもらいました。そこで、自分の中でより良い言い方を考えていきました。考えたことを丸暗記して面接に挑むと、臨機応変に対応できなくなって頭が真っ白になってしまう危険性があるのでやめた方がいいと思います。自分がその大学に行きたい理由、その学部を志す意志を強くアピールすることが大切だと思います。くじけそうになっても自分自身の能力を信じで頑張ってください。

A.Yさん(丹波市立春日中出身)

令和3年3月アカデミーコース卒業

兵庫県立大学国際商経学部(学校推薦型選抜) 合格 

 私は兵庫県立大学国際商経学部経済学経営学コースに推薦入試で合格しました。
 試験は小論文と面接でした。小論文対策としては、まず、過去2年分の問題を解きました。そして、英文要約は英語の先生に、意見文と小問集合は国語の先生に添削してもらいました。また、英文要約と意見文は数をこなして文字数の感覚を掴もうと、ノートを作って先生に課題をもらい、練習を重ねました。面接については、過去数年分の受験レポートを見て、その全ての質問に自分なりに答えられるようにしました。そして先生に面接練習をお願いし、答え方が曖昧なところを詰めていきました。
 実際の試験では、小論文は先生に何度も指摘されたことに気をつけました。まず、小問集合では文章を一語一語、しっかりと読むことです。文章を何度も読み、見落としが無いか確認しながら取り組みました。次に、意見文では自分の受験する学部を意識しながら書くことです。自分の意見を、できるだけ経済、経営に繋げるように気を付けました。英文要約では理解しきれない箇所がありましたが、無理をせず、あっさりと書くようにしました。面接では、質問内容は大きく分けて、私の発言に対するものと、先生に書いて頂いた推薦書に関するものの2つでした。だから、予め先生が推薦書に書かれた内容を聞いていてよかったと思いました。面接官の方は3人とも、物腰が柔らかく、私が話すことに対して相槌を打ちながら聞いてくださったので、緊張しすぎずに、練習よりも落ち着いてできました。小論文も面接も、繰り返し対策をしたことが活きていると感じられたので良かったです。
 入学後は経済、経営をはじめとして様々なことを幅広く学び、誰かに喜んでもらえるようなサービス提供者を目指して頑張ります。

Y.Mさん(丹波市立春日中出身 )

令和3年3月国際コース卒業

兵庫県立大学国際商経学部(学校推薦型選抜) 合格 

 私は、兵庫県立大学国際商経学部グローバルビジネスコースを推薦入試で合格しました。入試は全て英語で行われました。内容は約200語の英文要約、設問、約250語の意見文と面接でした。筆記試験は2時間、面接は10分ほどでした。
 入試対策として単語を覚えたり、要約や意見文を書き、それを英語の先生に添削してもらったりしました。意見文の練習は英検、TOEIC、IELTSのライティング問題の過去問を使用しました。また、意見文や要約に関しては時間内に書くことを重視しました。
 面接対策は少し遅いのですが、入試1週間前から始めました。先生方に頼み、放課後などの空いている時間に練習しました。先生方との面接練習は自分では考えつかなかった予想外の質問をされ、柔軟な対応力と本番への耐性が身に付きました。
 実際に入試の筆記問題はやはり練習していても難しかったです。途中で解くのを諦めようとさえ思いました。でも後味が悪いと思い、諦めずに書ききりました。あの時途中で書くのをやめていたら合格していなかったと思います。諦めないことの大切さを入試で学ぶことができました。
 一方、面接は面接官の方々が柔らかい雰囲気でリラックスして受けることができました。内容は思ったより難しいものではなく、志望理由や質問の答えに関するものが多く聞かれました。しかしたまに予想外の質問をされて驚きましたが冷静に対処することができました。だから面接では内容よりも対応力を重視して見られていたのかなと思います。
 推薦入試は筆記試験の手応えがなかったので不安でしたが合格することができました。大学ではマーケティングを中心に学び、将来に生かしたいです。

S.Hさん(福知山市立南陵中出身)

令和3年3月国際コース卒業

兵庫県立大学環境人間学部(学校推薦型選抜) 合格 

 私は兵庫県立大学環境人間学部に推薦入試で合格しました。試験内容は小論文と面接でした。小論文は2ヶ月前から書く練習を始めました。初めは、天声人語の英語訳を先生からもらいそれを要約していたのですが、私には難しすぎると思ったので、朝テストの速読の文章を活用しました。文章を書くのに慣れてきたら、本番と同じように時間を計って書きました。内容の濃い文章を書くのも大事ですが、時間に間に合わなければ元も子もないので、早く書く練習が必要だと思います。本番では、要約は予定通り20分ほどで書くことができましたが、意見文に戸惑ってしまいました。7割ほど書いていた文章が問題の趣旨に沿っていないと感じ、迷いましたが書き直しました。今では書き直してよかったなと思っています。2問目は選択問題で、文章とグラフを読み取る問題を選択しました。グラフの読み取りは国語の授業などでよくやるのでスラスラ書くことができました。最終的に時間が10分ほど余ったので、誤字脱字がないか見直しました。
 面接では、3人の面接官からそれぞれ質問をされました。おそらく、全受験生共通の質問は志望理由くらいで、あとは志望理由書や私の解答に沿った質問でした。私は、ボランティア活動や児童クラブでのアルバイトの経験があり、そこで何を学んだか、問題点はあったのか、またそれをどのように解決したのかなどを聞かれました。その際、事前に作っておいたマッピングがとても役に立ったので、面接や志望理由書において自己分析はとても重要だと思います。本番までに何度も先生に面接練習をして頂き、予想外の質問にも臨機応変に答えることができました。
 完璧な出来だったとは思いませんが、無事合格することができたので、勉強を怠らず入学の準備をしたいです。

N.Sさん(綾部市立豊里中出身)

令和3年3月アカデミーコース卒業

滋賀県立大学人間文化学部(一般選抜) 合格

 私が滋賀県立大学に進学したいと思うようになったのは、高1の夏でした。高1から進路学習があり、先生に夏休み中、オープンキャンパスに行くように言われ、志望校を調べ始めたのがきっかけです。最初は、「高1からオープンキャンパスに行くのは早いのではないか」とも思いました。しかし、今となってはそれがやる気、モチベーションにつながり、合格ができたのだと思います。早い目標設定は、自分がやるべきことを明確にしてくれるのでとてもオススメです。
 私が受験した科目は、国語、英語、政経、地学基礎、生物基礎でした。現代文はひたすら問題を解いて慣れるようにしました。古文、漢文は基本的な古単や句形を覚えた後に、教科書を速読して、頭の中で早く簡単に訳せるようにしました。英語は、基本的な英単を覚えた後に、毎日長文に触れ、すばやく訳せるようにしました。政経は参考書を自分でノートにまとめ直し、そのノートを覚えた後に、問題を解き、間違いはしっかり見直しました。地学基礎、生物基礎は問題集に答えを書き込み、隠しながら覚えた後に、しらないことを覚え直しました。どの教科もずっと同じ参考書などを使い、知識が混乱しないようにしました。
 何より1番大事なのは日々の勉強です。受験勉強だけでなく、毎回の定期テストに全力で挑むことが大切です。

M.Nさん(丹波市立春日中出身 )

令和3年3月アカデミーコース卒業

神戸市外国語大学外国語学部(一般選抜) 合格

 共通テストで受験する教科は多いので計画を立てて学習することがとても大切です。一つの教科に勉強時間の比重が偏ってしまうと後で後悔することになるので、その日のうちにすることを朝、紙に書いておいてチェックを入れるとしっかりできます。得意な教科は戦力になるのでそれを伸ばすのも大切ですが、苦手から逃げるのももったいないです。1点、2点の差は大きいです。二次試験は教科数も減り楽になりますが気を抜いてしまうと意味がないです。共通テストの次の日には一日勉強せずに休みこれからの計画と方向性を固めましょう。私は二次試験は英語と国語でした。英語は単語文法読解の三つを中心に勉強しますが志望大学の傾向に合わせて勉強時間のバランスを決めてください。私はとにかく読解と単語に時間を使いました。単語は多くて嫌になりますが、単語帳を毎日一周は目を通しました。またどうしても覚えられない単語は紙に大きく書いて部屋の壁に貼って目につくようにしていました。読解は過去問をとりあえずやり込むことです。志望大学より少し上のレベルを解くと本番自信を持って回答できます。国語は過去問以外に隙間時間に本を読んだり漢字を覚えたりしていました。先生たちがたくさん手伝って助言してくださるのでたくさん頼って本番全力を出し切ってください。

B.Sさん(福知山市立日新中出身 )

令和3年3月国際コース卒業

神戸市外国語大学外国語学部(総合型選抜) 合格

 私は中学2年生のとき初めて日本に来て、そのときは日本語が全然話せませんでした。日本に来てから、通訳の方や国語の先生と一緒に一生懸命日本語を勉強しました。だから、私は国公立大学に進学したいと考えていましたが、外国人として日本語の勉強が不足していると思っていたので、大学に進学できるかずっと悩んでいました。しかし、私は幼い頃から英語を習っていたので、英語外部資格をたくさん取ったり、英語スピーチコンテストに参加したりして、それらを活かし合格することができました。
 合格のためには、英語外部資格をたくさん取得した方が良いと思います。そして総合型選抜では活動報告書が必要なので、英語スピーチコンテストなどに参加し、さらに受賞したらアピールになるのでぜひ挑戦してみてください。また、成美高校にはたくさんの留学生が毎年来ているので彼らに日本語を教えるなどの異文化交流する機会が多く、そのチャンスをうまく利用してほしいです。
 レポートに関しては、毎日、新聞の記事を選び、それについての意見文を書いたり、政治経済や倫理の授業を聞いて、レポートを書いたりしました。また、過去問にも取り組み、国語の先生にチェックしてもらいました。次に、面接についてですが、志望理由書や活動報告書の内容を中心として大学でやりたいことを考え、自分の答えを明確に伝えることが重要です。本番では、緊張するかもしれませんが、自信を持って笑顔で話すことも大事です。
 大学受験に向けて、多くの困難が待ち受けているとは思いますが、強い意志があればどんな事も乗り越えられるはずです。頑張ってください。

Y.Tくん(丹波市立春日中出身)

令和3年3月アカデミーコース卒業

神戸大学経済学部(学校推薦型選抜) 合格

 私は神戸大学の経済学部に学校推薦型選抜を利用し合格しました。神戸大学には他にも総合型選抜や志選抜などの様々な推薦入試がありますが、経済学部と経営学部は学校推薦型選抜で、面接・口頭試問や小論文試験がなく事前に提出する自己推薦書等の書類と共通テストの得点だけで決まる一般入試への負担が少ない入試でした。しかしこれは裏を返せば書類と共通テストだけで決まるので、試験後に小論文試験や面接などで逆転する機会はないということです。だから自己推薦書の内容を充実させ、共通テストで良い得点を取る必要があります。私の得点率は傾斜81%でした。年によって異なると思いますが、80%以上が目安だと思います。一般入試に向けての共通テスト対策がそのまま推薦入試の対策へとつながるので、共通テストで点数が取れれば推薦で受かる可能性もあがり、仮に落ちたとしても一般入試で有利になるのでメリットがたくさんあります。
 私は高3になる前から神戸大学経済学部に行きたかったので、二次試験で必要な国語、数学、英語を中心に勉強を続け、共通テストと二次試験の割合は1:1だったので共通テスト対策は夏前から継続して行っていました。共通テストは昨年までのセンター試験と大幅に変化する部分が多く、基礎知識の定着と並行して、試行調査に類した新傾向の問題をたくさん解き、傾向に慣れていたことが自分の合格につながったと思います。国語や英語、数学は問題文量が増えるうえに試験時間も厳しいので、漢字や英・古文単語、基本的な公式などを早めに定着させて、問題を解き長文読解・判断スピード、大問ごとの時間配分、自分なりの解法のプロセスを身に付けることが大切だと思います。理科や社会に関しては、冬頃から始めれば間に合うというのを耳にするかもしれませんが、それは本番前に死ぬ気で勉強した人たちだと思って下さい。私は二次試験で理科社会がいらない人でも夏から秋頃から対策を始めた方がいいと思います。試験後に「もっと勉強すればよかった」は遅いので毎日少しずつ継続した学習をすることが重要だと思います。
 自己推薦書に関しては、「大学で何を学びたいのか、それをなぜこの大学で学びたいのか」と「自分の経験に触れながらの自己分析」を書きました。自己推薦書の内容は合否に大きく影響するので、先生方に添削をしていただきながら、友達からの客観的な自分の評価を分析し書くのがいいと思います。
 最後に、入試を終えて感じたことは「受験は団体戦」ということです。学習面や生活面でサポートしてくださる先生方や一緒に受験勉強を頑張る友達、そしていつでも自分を支えてくれた家族のサポート、応援があったからこそ合格できたのだと思います。受験勉強をするときには自分の将来や大学に入ったあとを思い浮かべながら、サポートしてくれている人に感謝の気持ちをもつことで自然と「頑張って絶対に合格しよう」という思いが湧いてくると思います。新3年生の皆さんも何でもいいので「目標」を持って受験勉強を頑張ってください。

S.Uくん(福知山市立桃映中出身)

令和3年3月アカデミーコース卒業

神戸大学理学部(一般選抜) 合格

 私が本格的に受験勉強を始めたのは、高校2年の秋でした。それまでは定期テストに照準を合わせて勉強しており、国語、数学、英語の基礎はほとんど固まっている状態でした。理系は数Ⅲと物理・化学が大変だと聞いていたので、その時期から先取り学習を始め、3年生になるまでに一通りの学習を終わらせました。6月に学校が始まる前のコロナ休み期間に、理系科目を中心に問題演習を積み、基礎の徹底に努めました。学校が始まると、模試の回数が増えて、さらに忙しくなりました。夏は共通テストの勉強に専念しましたが、理科や数学は2次試験につながる勉強を心がけました。秋は神戸大学の過去問を10年分解きました。過去問演習においては、ただ問題を解くだけでなく、問題の難易度や頻出範囲、問われ方などを分析することにも重点をおきました。今から思えば、これらのことが合格につながったのだと思います。共通テストと2次試験の得点配分が1対1の神戸大学で、私は共通テストで失敗してしまい、共通リサーチではCやD判定を取り、ショックを受けました。そんな中、学校の先生は私の2次力やA,B判定の人たちとの点差を考慮した上で私の出願をおしてくれ、目標点の設定や、合格点に達するためのシミュレーションを一緒にしてくださりました。試験本番は、特に英語や化学で過去問演習の成果が出て、気持ち良く解答することができました。
みなさんもぜひ大学の過去問を3年、5年とは言わず10年分解いて、対策をしてほしいと思います。

N.Hさん(福知山市立日新中出身 )

令和3年3月アカデミーコース卒業

九州歯科大学歯学部(総合型選抜) 合格

 私は幼い頃から医療関係の職に就きたいという思いを強く持っていました。人生の中で大半を占める労働で人々の命と健康を守り、やりがいを持って仕事をしたいと思ったからです。
歯科医になりたいと思うようになったのは2年生のときでした。そこから九州歯科大学の総合型選抜入試を受験することを決めました。1次試験の面接で半分以上が落とされるのでとても不安でした。1ヶ月間毎日いろいろな先生の元へ行き面接練習をしました。大学のホームページやパンフレットを沢山見て大学に入りたいという思いを全面的にアピールしました。練習のおかげで自信がつき、1次試験は通過しました。
 2次試験は小論文と討論で、小論文は2週間以上毎日書きました。しかし、討論の練習は2回しかしていなかったので討論の本を買い、ポイントをおさえました。自分の意見を述べる力はもちろん必要ですが、人の意見をよく聞くことも大切です。私は一度も司会をしませんでした。司会をするかどうかは合否には関係ないので自分に合った方を選択すべきです。
 残るは共通テストです。絶対取らなければならない点数を私はテスト1週間前の最後の模試まで一度も取れたことがありませんでした。そこから1週間以上必死に勉強しその点数を越えられました。現役生は最後までのびるという先生の言葉を信じてよかったです。
 図書館は静かすぎて息がつまるので、私は友人とカフェで朝から夜まで勉強しました。テスト前日はリスニングをしたり、公式を確認したりして自信がつくように高めました。当日は疲れるのでチョコレートを持っていくことをオススメします。緊張すると思いますが夢への第一歩、勇気を持って頑張ってください。応援しています。

S.Fくん(丹波市立氷上中出身)

令和3年3月アカデミーコース卒業

愛媛大学工学部(一般選抜) 合格

 共通テスト初日の国語でマークミスをしてしまいました。頭が真っ白になりました。絶対マークミスなんてするわけないと思ってこれを読んでいるそこの君。マークミスしないように常に見直しをさぼらないでください。受験勉強は6月学校が始まると同時に始めました。8月はすごく気合いに満ち溢れていました。しかし、オープン模試を受けたあとは燃え尽き症候群になりました。そこから結構ひきずって1ヶ月くらいダラダラしていました。点数がそれをあからさまに示していました。11月後半からペースを取り戻してきて共通プレテストでは志望校を受けられるくらいになりました。共通テストのパックではそれなりに取れました。そして本番。まさかの1日目で絶望のマークミス。仕方ないので切り替えました。そして2次の対策をして、本番そこそこの出来で合格できました。伝えたいことは4つあります。①勉強する友達を作ること。毎日一緒に頑張れる友達が必要。②長時間勉強するのを継続すること。模試が終わるとさぼり気味になるので気を付けてください。③クラスみんなで仲良くしてください。家で勉強すると人と話さなくなるので、クラスの友達といろいろ話してください。④最強の教科を作ってください。1つ信じられる教科があるだけで変わります。
 みなさんが志望校に行けることを願っています。頑張ってください。

K.Yくん(福知山市立川口中出身)

令和3年3月国際コース卒業

京都工芸繊維大学工芸科学部(総合型選抜) 合格

 何故京都工芸繊維大学にダビンチ入試で受験したかというと、国公立大学で情報工学が学べ、合格が早く出る推薦入試があるからです。また、このダビンチ入試は、大学で実際に大学範囲の授業を受け、それについての問題を解くという試験があります。その問題は、他の入試とは全く違い、思考力や考察力、理解力を問うような試験であると知り、私が得意な内容だと感じたので、受験することを決めました。
 私の受けた令和三年度入試では、新型コロナウイルスの影響で、従来の入試より面接などの試験項目が減っていて、1次試験は志望理由書のみだったので、ダビンチ入試を受けると決めた日から、 国語の先生に志望理由書を添削してもらい、推敲して完成させました。
 オンラインでのオープンキャンパスで、ダビンチ入試の対策方法を尋ねたところ、共通テストの勉強をしておいた方がよいと仰っていたので、それをしました。また、2次試験の過去問で物理の問題が出ていたので、黄色本を使って物理の勉強を進めました。また、国語の先生を頼って少し小論文対策もしました。
 受験当日は朝9時に大学集合だったため、前日の午後から公欠をもらい、午前の授業が終わったら電車で京都へ行き、一晩泊まりました。試験内容は全て記述問題で、午前は思考力を試されるような面白い問題でした。午後は、私は地域創生Tech Programを受験したので、小論文の試験を受けました。過去問では、英文の和訳、要約などが出ていたけれど、当日の試験では小論文のみだったので、少し驚きながら解きました。
私が受験したこの入試は、コロナ禍により試験項目が少なく、あまり参考にならないかもしれませんが、共通することとして、対策をしっかりして傾向を掴み、受験に向けて頑張ってください。

S.Tくん(舞鶴市立白糸中出身)

令和3年3月アカデミーコース卒業

京都工芸繊維大学工芸科学部(総合型選抜) 合格

 私は、京都工芸繊維大学のダビンチ入試という方式で受けました。ダビンチ入試とは、いわゆる総合型選抜のことで、例年は一次選考に書類審査と面接があります。しかし、今年はコロナウイルスの影響で、一次選考は出願書類だけの選考でした。例年より受けやすい状況であるにも関わらず、私は自己推薦書の作成に取り掛かるのが遅く、不十分な形で出願せざるを得ませんでした。
 出願後は、共通テストの勉強をしつつ、電車に乗っている間などで、二次対策をしました。二次試験は、小論文と、実際に大学教授の講義を受け、それを元に問題を解くという試験でした。例年はこれらに加えて、ディベートと、英文を日本語要約する試験もあったのですが、今年はなかったのでラッキーでした。講義内容は、昨年までの学域共通ではなく課程ごとに異なり、私の受けた電子システム工学課程は、例年同様、物理の問題でした。小論文は、地域創生に関わる内容のものでした。英文がなくなった代わりに、問題が1題増えて全部で3題ありました。私は、実際に小論文を書いて添削してもらうことはありませんでしたが、地域創生に関わる本を読みました。本当に対策をほとんどできずに挑みましたが、今年の状況だからこそ、ぎりぎり受かったのだと思います。来年受験する人は、大学を決めてから、自己推薦書や小論文をすぐに先生に添削してもらい、万全の態勢で受けられるように頑張ってください。

T.Nさん(京丹後市立網野中出身)

令和3年3月進学コース卒業

滋賀大学経済学部(学校推薦型選抜) 合格

 私は3年生になりいざ進路を決めるとなった時、私には特にやりたいことがなかったので、どこに進学すべきか悩みました。私は高校に入学する前、両親と大学は国公立に進むという話をしていたので、私はなんとなく国公立の大学に進もうと考えていました。しかし国公立の大学といっても学校や学部は多くあり、どこに進むか決められませんでした。そこで、担任の先生に相談したところ、私は11月頃までサッカーを続けようと考えており、その上で5教科の勉強を行うのは厳しいということになり、国数英の3教科で入試が行われる滋賀大学を志望校に設定しました。
 そして、まず滋賀大の学校型推薦入試を受けることを決めました。その試験は一次と二次に分かれており、一次試験は小論文の試験でした。私は元々文章を書くのが苦手で、論理的に書くことができませんでした。そこで私は11月の試験に向け、夏休み前から準備を始め、小論ノートというものを作り始めました。しかし、それがずっと続けられたわけではありませんでした。推薦入試が落ちたときのために、国数英の勉強も怠らず、なおかつサッカーにも力を入れていたので、小論文になかなか手をつけられませんでした。そして試験当日をむかえました。手応えはほとんどなく、正直落ちたと思っていました。しかし結果を見ると一次合格でした。この試験は、調査書や推薦書も評価に入るものでした。私は入学当初から文武両道を心がけており、ある程度の評定は取り続け、さらに数検、漢検、英検の二級を取得していたのでそれが影響したのではないかなと思います。そして2次試験の面接は口頭試問のため、定型的な面接練習ではなく予備知識の蓄積に時間をかけました。そして本番では緊張はしたものの、納得できる面接になりました。そしてなんとか合格することができました。試験前だけでなく、常日頃からの努力が合格につながったのだと思います。

N.Nさん(与謝野町立加悦中出身)

令和3年3月アカデミーコース卒業

鳥取大学地域学部(一般選抜) 合格

 私は後期試験で鳥取大学地域学部国際地域文化コースに合格しました。私の受験生活を振り返ってひとことで表すとするなら「苦」です。私は3年生の春、本格的に受験生となったとき国際系の学部に行きたいなとは決まっていましたが、明確にここの大学に行きたいというのがなく正直、楽して受かりたいと考えていました。しかし、担任の先生と面談したり、クラスの人の目標を聞いたりする中で私も最後まで頑張ろうと決意し、徐々に行きたい大学も決まりました。私は、家で長時間集中して勉強することができなかったので塾や学校、図書館などを上手く利用しながら受験勉強に励みました。だんだん試験の日が近づいていく中、思うように点数が伸びなくて自信もなく不安な日々がありました。そんな時、私が実感したのはクラスメイトの存在の大きさです。目標は違ってもみんなが頑張っている姿を見ると、私も頑張ろうと思えました。また、不安な時はお互いに励まし合って、それに何度も助けられました。そして、分からない問題があるとすぐに先生方に聞き、教えてもらいました。私は共通テストで思っていた点数が取れず、最初に志望していた大学を受けるとこはできませんでしたが、担任の先生と話合いながら自分のやりたいことができる大学を選ぶことができました。前期試験では悔しい思いをし落ち込みましたが、すぐに気持ちを切り替えて後期試験へ向けて先生方に添削をお願いし小論文の対策を行いました。
 私は最後まで諦めなかったからこそ合格できたのだと思っています。今思うと周りが合格していく中で、共通テスト後の最後の2ヶ月間は本当に苦しかったですが、最後まで諦めずに頑張ってよかったです。「努力は必ず報われる」本当にこの言葉通りだと思いました。家族や先生方、友達のおかげで受験生活を乗り越えることができました。苦しい時はいろんな人を頼って、最後まで諦めず頑張ってください。

I.Tさん(福知山市立川口中出身)

令和2年3月アカデミーコース卒業

島根大学医学部(学校推薦型選抜) 合格

 私は中学3年生のときに医師を目指すようになり、成美高校への進学を決めました。
 高校では、授業の復習や宿題は休み時間などを利用して行いました。放課後は分からない問題を担任の先生に質問して、それ以外の日はなるべくすぐに塾へ行き自習をする生活を送りました。
 私は英語が好きで数学が苦手で、受験が近づくと数学にかなり時間を割きました。でも、苦手教科ばかりしていると好きな教科の力が落ちてしまうのを感じたので、好きな教科も毎日することが大切だと思いました。
 受験が近づくにつれて、不安に思うことが本当に多かったです。成績がこのまま伸びなかったらどうしようと毎日思いました。そんなとき、担任の先生はいつも相談に乗ってくださりました。先生方がとても優しく親身に寄り添ってくださるところが成美高校の魅力だと思います。皆さんも、不安なこと、疑問に思うことは先生方に相談されると良いと思います。
 受験ではしんどい思いをたくさんしますが終わった今はやり切ったということが自信になっています。皆さんも夢に向かって思いっきり頑張ってください。

植山壮太(丹波市立和田中学校出身)

令和2年3月アカデミーコース卒業

京都大学(工学部)

 成美に入学して同級生ともなじみ始めた6月ごろから、志望校を京大に決めました。ただ、その時は漠然と、「化学が好きだから工学部の化学系に進んで、三年生の時の成績次第で大学は決めようかな」という程度で、たいして固執しているわけではありませんでした。ただ、様々な経験を通して、すぐに京大で研究したい思いが強くなっていきました。例えば一年生の時に行った京大の学祭で、奇抜な着ぐるみを着た人が歩き回っていたり、独特なサークルのワークショップが開かれていたりと、自分のやりたいことをしていた先輩方を見て、まさに京大の「自由の学風」を実感することができました。また、京大で開かれた高校生向けの講義にも参加し、話自体は眠たくなるほど難しかったですが、その後建物内の設備を見せてもらい、その迫力に圧倒されました。
僕は塾や予備校に通わずに勉強を進めてきましたが、その大きな理由は、他人に勉強スタイルを強制されたくなかったからです。受験勉強といえば、ただひたすらに机に向かって問題を解き続けることが一般に想像されるかと思いますが、僕はそれが苦手だったので、動画を見ながら問題を解いたり、ペンを走らせることなくただ参考書を読み続ける日があったりと、飽きないように勉強していました。
 一年生の時は学校の授業を大切にし、基礎を徹底しました。ただ模試の結果はあまりふるわず、京大でE判定が出るのも当たり前でした。一年生の後半から二年生にかけては、地理、物理、化学の予習を進めながら、センター試験の対策を進めました。この時期に計十回センター型の模試を受け、そのたびに点数を分析して次の模試へと活かしながら、学力を上げていきました。その結果、前年のセンター試験で自分でも満足いく結果を出すことができ、大きな自信となりました。
 三年生になってすぐ、京大の二次試験に視野を当てました。夏休みまでは不十分な科目を仕上げつつ地力をあげ、それ以降はひたすら過去問ばかりを解いていました。理系科目は自分である程度理解できたので、27年分を一通り終えましたが、京大の英語と国語はくせが強く、とても自力でこなすことはできないと思ったので先生に添削をお願いしました。
 直前期はセンターと二次のどちらを重要視するかが大事だと思います。僕の場合、配点が二次に偏っていたため、直前のセンター対策は一ヶ月間だけにするように計画しました。結果としては国語で一年前に自分がとった点数よりも低いという大失敗を犯し、目標として九割にはわずかに届きませんでしたが、あまり気にすることなく、残りの日々を二次試験の勘を取り戻すことに費やしました。本番は前日の寝付きが悪くなるほど緊張しましたが、いつも通りやるだけだと腹を括り、難化にもしっかり対応し、全力を出せたと思います。
 僕が成功した一番の原因は、早い時期から入試向けの勉強を習慣づけたことです。高校で習う内容(特に物理や数学)は深い理解に時間を要するので、授業を受け身で聞いているだけだったり、一朝一夕の勉強では身につきにくいと感じました。だからあっという間の高校生活のいつに受験をスタートし、時間を確保するかがカギとなりました。
これから高みを目指される後輩の皆さんには、できるだけ早く受験と向き合うことをお勧めします。

浅井千代(丹波市立和田中学校)

令和2年3月特進文理国際コース卒業 

国際教養大学(国際教養学部)

 私は国際教養大学に興味を持ち始めたのは高校2年生の12月。留学から帰ってきて周りがどんどん志望校を確定していく中、1年生の時からぼんやりと目指していた大学をとりあえず第一志望として勉強していたとき、国際教養大学の存在を知って、ここしかないと思い志望を決定しました。
 国際教養大学を選んだ一番の理由は、自分の性格、大学でやりたいことをすべて考慮した上で、自分にぴったりの大学だと思ったからです。利便性で溢れかえった都会から少し離れた秋田県で勉強に特化した四年間を送れる。さらには24時間英語というコミュニケーションツールを使って過ごせる。一言で言えば「日本の中で一番日本らしくない大学」国際教養大学は私にとってとてもとても魅力的に映りました。
 しかしながら、私の入りたいという強い気持ちとは裏腹に模試の結果は常にE判定。1年間の留学で2年生の学習内容は全くできていない。その上マネージャーとして所属していたサッカー部は「引退が3年生の11月で、週末は部活に明け暮れる」という受験生としてのコンディションは最悪で、周りの先生方には進路の話をするたびに「どれか一つ諦めろ」と言われていました。
 もちろん受験期の文武両道は体力的にも精神的にも厳しく、途中で何度も諦めそうになりました。しかし私がそんな中で部活も大学も諦めずに合格を勝ち取れたのは、自分で決めたからには最後までやり抜きたいという強い気持ちと、自分にはこの大学が合っているという絶対の自信があったからです。これら二つの気持ちがあったから弱音を吐く暇も惜しんで、受験日のギリギリまでいろんな先生に面接練習を頼み込み、朝から晩まで面接練習、小論文対策、そして一般入試に向けての勉強を併行して行いました。
 こうした怒濤の受験期を乗り越えた私からこれから進路を決めていく皆さんに伝えられることは、まずは自分が本気でやりたいと思うことを見つけ、最後まで絶対に諦めないことです。人によって就職や大学進学の違いはあるかもしれませんが、今のうちに自分が何をしたいのかをしっかり悩んで考えてください。はっきりとした将来の夢でなくても、自分がどんな人間になりたいのか、そのためには何が必要か明確にしてください。そしてもしそれが周りの人に反対されることがあったとしても、自分が本当にやりたいと思ったことは貫き通してください。もちろん環境的に難しい人もいるかもしれません。でも周りが何と言おうと最終的には自分の進む道を決めるのは自分自身しかいないということを忘れないでほしいです。
 大学受験、たくさんの不安があると思いますが、最後まで諦めずにやり切った者の勝ちです。頑張ってください。

足立玲音(青垣中学校出身)

令和2年3月特進文理国際コース卒業

神戸市外国語大学(外国語学部)

 僕が中学生の頃から留学する環境や、サポートが充実している福知山成美高等学校の特進文理国際コースに憧れがあり、そこで留学することを決意していた。実際に僕は1年生の1月から2年生の12月までオーストラリアのアデレードに滞在していた。
 さて、僕が神戸市外国語大学のAO入試で合格できた理由を自分なりに分析してみる。第一に、留学へ行き英語力が飛躍的に向上したからだ。しかし、24時間英語漬けの環境にしているだけで自然に英語が話せるようにはならない。積極的に言葉を交わすにつれて上達していくと考える。第二に、英語以外の言語習得にも挑んだからだ。僕は留学中に中国語に触れる機会があり、必履修科目として第二外国語を学ばなければならないことを知っていたので、中国語の学習にも努めた。第三に、帰国後にたくさんの英語の資格や検定、いわゆる英語外部資格を受験したからだ。多くの大学の推薦入試やAO入試などでその提出を課している。それぞれの検定によって測られる能力が異なるので、いろいろな検定を受検し、CEFRのC1に相当する英語力があればよい評価を受けられると考える。第四に、体験授業とそれに関するレポート作成があったので日頃からニュースに目を向け、頭の中で自分の意見を考えることにした。先ほど述べたように、ただニュースを見ているだけでは本番で自分の意見を論理的に示すことはできない。その意見が間違っているかどうかは関係ないので、白黒はっきりした意見を持つようにしてほしい。面接練習についてだが、成美高校の先生を上手く利用してほしい。過去の先輩方の受験レポートやその学部に共通している質問をもとに本番と同じ環境での練習に励んだ。

細見佳乃子(春日中学校出身)

令和2年3月アカデミーコース卒業

兵庫県立大学(環境人間学部)

 私は兵庫県立大学環境人間学部に推薦入試に合格しました。試験内容は英文を含む小論文と面接だったので、二ヶ月前から小論文を書く練習を始めました。最初はまず意見を書くことに慣れるために、時間は気にすることなく数をこなすことが大切だと思います。また、英語の問題は、注釈が付いているし、単語や文自体は難しくないので、一ヶ月ほど前からいろんな英文の問題を読んだり、早く読む練習をしていました。本番では英語の問題は必答で、選択問題では文章と表、グラフの読み取りを選びました。時間は120分と余裕がないので、始まる前に時間配分を考えていましたが、案外英語の問題で手間取ってしまい、決めていた時間よりロスをしてしまいましたが、選択問題で挽回することができました。選択問題では、問題文をまず一通り読んでから、文章やグラフを読み取ることが重要だと思います。また、問題文に対して的外れなことを書かないように気をつけました。自身の意見を書く問題では、図や表のデータも織りまぜながら書くことも意識しました。最終的に十分ほど余り、見直しなどをしていましたが、周りの受験生はまだ取り組んでいる人が多く見られました。また、終了後には間に合わなかったという人もいたようなので、小論文は内容もですが、時間との勝負だと思います。次に面接は、試験官は三人で、一人ずつから質問される形式でした。本番までに三回、学校の先生と過去の資料をもとに練習しましたが、あまり練習した内容は聞かれませんでした。面接官は、人によりけりだと思いますが、私の番ではおそらく厳しい方だった思います。ですが、将来やりたいことや兵庫県の魅力、予想していなかった質問に臨機応変に対応して言えたことが良かったのかなと思います。正直、面接が手応えがなかったので不安でしたが、合格することができたので、私の夢の実現のために四年間様々なことを学んで、成長していきたいです。

山内菜江(春日中学校出身)

令和2年3月アカデミーコース卒業

兵庫県立大学(看護学部)

 兵庫県立大学看護学部に推薦入試で合格しました。
 試験は小論文と面接でした。小論文の対策として、過去三年分の問題を解き、先生に添削をしてもらいました。本文は英文であり、本文に関する問題の問われ方を把握した上で、どんな英語の文章であってもできるだけ早く問題を解き、最後の六百字の小論文に時間がかけられるよう意識して過去問に取り組みました。また、試験には英和辞書の使用が可能でしたが、できるだけ辞書を使ってわからない単語を調べる時間を少なくするために、単語帳を使って少しでも多く英単語が覚えられるよう取り組みました。面接対策は三年分ほどの過去の受験レポートを元にして、先生に見てもらい、過去に聞かれたどの質問にも自分の意見がしっかり言えるようにしました。
 実際に試験を受けて、小論文はわからない単語がいくつかあって、何度か辞書を使用しましたが、時間配分を意識しながら焦らずに落ち着いて解くことができ、最後の六百字の小論文も最後までしっかり自分の意見も含めて書くことができたので、過去問を解いて問題の傾向をあらかじめ知って、時間を意識した対策が役に立ったのだと思いました。面接では、対策していた質問がされて、それについて深く聞かれたので、全く予想していなかった質問はほとんどなく、どの質問に対しても自分の考えをはっきり述べることができました。面接官の方皆さんがとても優しく、笑顔で質問したり、私の話を聞いてくださったこともあり、緊張しながらも落ち着いて笑顔で話すことができたのが、何より良かったと思います。小論文でも面接でも、対策をしていた効果が非常にあったので、時間をかけてしっかりたくさんできたのが良かったのだと思いました。
 入学後は、将来の夢を目指して、確かな知識や技術を身につけ、実習で経験を積み、また多くの人と関わりを持つことで人間性豊かな看護師または保健師になれるよう頑張ります。

大山未桜(六人部中学校出身)

令和2年3月アカデミーコース卒業

兵庫県立大学(国際商経学部)

 私は兵庫県立大学の国際商経学部経済学経営学コースに推薦入試で合格しました。
 入試は英語を含む小論文だけだったのですが、それに向けてそれに向けてどのように勉強したらいいか分からなかったので、昨年同じコースに入学された先輩に電話をさせてもらって、勉強法や面接の質問内容を聞いて、それを生かしながら勉強を進めました。事前の勉強では小論文は、過去問をもらってそれを一通り解いて国語の先生に添削を頼みました。また、英語の長文を読んでそれを要約する練習もしました。英語の勉強は語彙力の不足を補うために英単語の本をずっと読んでいました。また、私が受験した学部では、時事問題に関する問題が多いようだったので、自分なりに最近話題や問題になっていることをまとめたりもしました。
 面接の対策は、入試の2週間前ぐらいから昨年に実際に聞かれた質問を参考にして、それに対する回答を考えていきました。数日前からは先生に面接練習をしてもらいました。面接官から具体的に質問されても答えられるように、自分が答えたことに関する質問も想定して面接練習を行いました。
 本番の小論文では、英文での問題の方が難しく、要約したり自分の意見を思いつくのに苦労しました。分からない英単語もあったのですが、そこは冒険せず分かる範囲でまとめることを意識しました。
 面接では、対策していた通りの質問が多かったので、安心して話すことができました。リーダーシップをとった経験に関する質問を多くされました。また、面接官の雰囲気がとても柔らかく、話しやすい環境でした。
 推薦入試は、一般入試の勉強を進めながらということもあり、あまり時間がとれないので時事問題に関する知識と文章の構成力を身につけることが一番重要だと思います。だいがくでは、マーケティングに関する知識を身につけたいです。

▲ページトップに戻る