ホーム > トピックス

LATEST NEWS新着情報

カテゴリ:未分類

 3月11日、午後2時46分。国際コースの1年生36人が中庭で円陣を組んでロウソクに火をともして犠牲者を悼み黙とうを捧げました。
 国際コースはマレーシア、ネパール、バングラデシュ、フィリピンなどアジア諸国やナイジェリアからも留学生を受け入れ、日頃から多文化に接することで、異文化理解や共生の重要性を学んでいます。そんな中、クラスの吉澤君、宮山君、岡田君の3人が発起人となり、ロシアによるウクライナへの軍事侵攻による犠牲者を追悼することになりました。ジョン=レノンのイマジンを聴きながら日本を中心にウクライナ、ロシア、そして留学生の国の国旗を周りに並べて世界平和を願って黙とうを捧げました。3人は「普通の生活が送れることや平和のありがたさを再認識し、過去の震災や戦争について考える機会にしたい」と話していました。


Imagine / John Lennon
Imagine there's no Heaven
It's easy if you try
No Hell below us
Above us only sky
Imagine all the people
Living for today...

Imagine there's no countries
It isn't hard to do
Nothing to kill or die for
And no religion too
Imagine all the people
Living life in peace

You may say I'm a dreamer
But I'm not the only one
I hope someday you'll join us
And the world will be as one

Imagine no possessions
I wonder if you can
No need for greed or hunger
A brotherhood of man
Imagine all the people
Sharing all the world

You may say I'm a dreamer
But I'm not the only one
I hope someday you'll join us
And the world will live as one

カテゴリ:未分類

エマ・サミュエル君(国際コース)が福井ユナイテッドFCに加入しました。サミュエル君はナイジェリアからの留学生として入学し、3年間文武両道で頑張ってきました。クラスは海外留学志望者や海外留学生を多く受け入れる国際コースで、日本語や日本文化を学び、2人部屋の寮生活を送りながら日本文化になじんでいきました。サッカーのポテンシャルはもちろん、彼が本校で日本文化を深く学んで適応していることを高く評価されたものと思います。
サミュエル君は「この度は福井ユナイテッドFCに加入する機会を与えて頂き、本当に感謝しております。このクラブにいる間、自分自身のベストを尽くすことを約束いたします。また、与えて頂いたこの素晴らしい機会を、このクラブを応援するファン、サポーターをはじめとする皆さんに失望させないことも約束します。本当にありがとうございます。」とコメントしました。
プロの世界へと挑戦する彼の今後の活躍にご期待ください。応援よろしくお願いいたします。

カテゴリ:未分類


一ノ本廉くん(1-7/関宮学園出身)優勝
井上聖さん(3-8/飛松中学校出身)準優勝
谷口大海くん(2-6/青葉中学校出身)3位
原田裕成くん(3-8/福川中学校出身)4位
山口侑利くん(1-4/東陵中学校出身)6位

以上の結果から、一ノ本くん、井上さん、谷口くんの3名が、令和4年2月17日〜2月20日に秋田県で行われる第77回国民体育大会冬季大会スキー競技会(国体)に出場します。
ご声援の程、宜しくお願いします。

カテゴリ:未分類

本校は福知山市のSDGsパートナーの認定を受けており、国際コースの生徒を中心に様々な取り組みを行っています。国際コースにはアフリカやアジアの途上国から来た留学生も在籍していますが、彼らは一様に「日本の食の豊かさを思い知った」と驚ろくと共に「日本の食糧廃棄」について疑問を持っています。そんな留学生との交流から、国際コース1年生の生徒6人が、「持続可能な社会のために、自分たちにできることを」と食品ロス対策に取り組み、昨年10月から校内に堆肥箱を設置し、学校食堂の生ごみを利用して堆肥作りを始めました。
放課後、毎日1~2kg発生する生ごみと落ち葉や米ぬかなどを堆肥箱に入れてかき混ぜ、発酵を促して毎日状態を確認しています。そして、生産した堆肥を農家に配布し、それを利用して生産した野菜を学校食堂で使うという循環型システムの構築を目指したいとメンバーは意気込んでいます。

カレンダー

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
▲ページトップに戻る